バカ大学生 しのブログ

バカ男子大学生の雑記ブログ・好きなことを書く

スポンサーリンク

プリキュアになりたい方必見!プリキュアになる方法

みなさんこんにちは。

 

 

 プリキュアになりたい大学生です

 

 

この間Twitter内でこのツイートが

多くリツイートされた

 

 

 

プリキュアになりたいという

ある男の子の話だ。

 

わたしはキュアカスタードがどんなキャラか知らないので

調べて見た

f:id:wilknsangr:20170812094446p:plain

 

ほう・・・

 

 

先ほどの男の子以外にもプリキュアになりたい方が

この日本にはたくさんいる

 

 

f:id:wilknsangr:20170812095106p:plain

 

f:id:wilknsangr:20170812095123p:plain

 

このようにプリキュアになりたい方がたくさんいる

 

 

前置きが長くなってしまったが

 

今回はプリキュアのなり方を

男子大学生が徹底的に調べて見た!

 

どうでもいいかもしれないが

筆者はピース派だ

f:id:wilknsangr:20170813092041j:image

 

 

以下目次

 

 

 

プリキュアとは

 

まず

プリキュアにを知らない方のために

プリキュアについて簡単に解説しよう

 

プリキュアとは

東映アニメーションが制作し

テレビ朝日系列で放送されている日本の女児向けアニメです。

 

f:id:wilknsangr:20170812172418j:image

 画像は最新の

プリキュア・アラモード

 

 

 

ストーリーは、

 

ごく普通の女の子が妖精に

たすけをもとめられ

伝説の戦士プリキュアに変身して

悪と戦うというストーリーになっている。

 

 

 

そのプリキュアはシリーズごとに

キャラや人数が変わる。

 

f:id:wilknsangr:20170812172435j:image

全シリーズを合わせるとここまでの人数になる。

 

 

 

引用

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/プリキュアシリーズ

スポンサーリンク

 

 

さて、ここからは具体的にプリキュアのなり方を書いて行く。

 

 

守りたいものを見つける

 

最初はこちら。

 

プリキュア

守りたいもののために 、悪と戦っている

 

それは友達、家族、

または美しい景色でもいい。

 

何か本当に自分の守りたいものがある

 

という事が

プリキュアになるための

絶対条件!

 

 

きれいな心を持とう

 f:id:wilknsangr:20170812174527p:image

 

つぎはこちら。

守りたいものがあっても

 

汚い心を持っていては

残念ながらプリキュアにはなれない。

 

例えば言葉遣い。

 

口から出る言葉で人の質は判断できてしまう。

 

「まじ、あいつうざい!」

 

とか

 

「めんどくせ〜〜」

 

という汚い言葉を使っている子は

ダメです。

 

プリキュアになってほしい!」

と頼む妖精はやって来ないでしょう

 

 

まずは体より心から。

 

 

 

 

健康な体を持とう

 f:id:wilknsangr:20170813091928j:image

 

つづいてこちら。

 

プリキュアは大切なものを守るため

手強い悪と戦う使命がある

 

そのため弱々しい体では

 

守りたいものを守る事ができず

 プリキュアとして失格だ。

 

敵は女の子であっても

手加減などしない!

 

 

運動を頑張って

ご飯は、好き嫌いせずに

なんでも食べよう!

 

 

お菓子ばかり食べていてはダメだ🙅

 

 

 

 

 

女の子じゃないとプリキュアになれない!?

 

女の子じゃないとプリキュアにはなれない?

 

その考えはもう古い。

 

 


キュアゴリラ 変身シーン

 

このように

男性でもプリキュアに変身している笑

 

 

プリキュアになるために

最も大切なのは、体ではない

 

プリキュアになりたい

気持ちだ!

 

 

まとめ

 

 

プリキュアのなり方は

 

守りたいものがあること

きれいな心を持つこと

強く健康な体を持つこと

 

 

意外と簡単なのだ

 

これを覚えて行動すれば

 

いつかきっと

プリキュアになってほしい!」

と妖精が頼んでくるはずだ。

 

最後まで読んでいただき ありがとうございました