最高の自転車一人旅を楽しむ方法

こんにちは。シノダです。

 

今回は心が疲れた時・超絶暇なときに、ぼくがオススメする『自転車一人旅』を楽しむ方法を書いてきますね

 

 

ぼくが自転車一人旅を勧めるわけ

 

 

旅といっても電車や新幹線は使いません。

ぼくがオススメする一人旅は『自転車のみ・一人』です。

 

 

関連記事:大学ぼっちのリアルwww

 

大学ぼっちの時に一人で自転車を使っていろんなところに行くと、心が安らぐことに気付きました

他の人と一緒にいると心が休まりませんからね。一人でいれば時間も好きなように使えますし、疲れたらすぐ休むことができるので、旅のストレスを感じることはありません。

 

 

電車より自転車がオススメ

 

電車だとやはり交通費がかかってしまいます。あとは『自分の好きなペースで移動できる』『気持ちいい風を直接感じられる』というメリット。

電車だと自分の好きなところで止まるのがなかなか難しいですし、その分お金が追加でかかってしまいます。

 

MEMO
お金がかからず自分のペースで楽しめる

 

カメラを持って行こう。

カメラを持って行くと自転車一人旅はかなり楽しめます。

 

ぼくも手頃な値段で買えるデジカメを購入しました。

関連記事:コスパ最高!ニコンのデジカメB500を買った!

 

写真を撮る知識がなくてもスマホで撮影するより綺麗な写真に仕上がります。

 

一人旅で見かけたおしゃれな店・素敵な風景。これらをとりあえずバンバン撮影する!これを家に帰って眺めることで「あ〜楽しかったなあ」と振り返ることができます。

無駄だと思う写真も撮っておきましょう。家に帰って「なんでこれを撮ったんだ・・・?」と思ったらあとで消せばいいです。一人旅の途中では消さないように!

 

 

「スマホで撮影しちゃダメなの!?」という声が上がるかもしれませんが、ぼくは自転車一人旅中は、スマホを持って行くことをオススメしません。これは後ほど解説します。

 

スマホは持っていかないのが吉。

自転車一人旅ではスマホは持って行かないほうがいいです。

一人旅なのにLINEの通知やニュースアプリの最新情報の通知が来たら台無しです。一人旅は一人であることも楽しむもの。

 

あと、スマホがあったら困ったとき、すぐ検索しちゃうんだよね…旅中にこれは良くない。

写真を撮影するときもデジカメがあったほうがいいです。ズーム機能やシャッターの速さはやはりスマホはカメラには勝てません。お気に入りのカメラを持っていきましょう^^

 

MEMO
すぐに連絡が取れるような環境を作らない。

 

機内モード・通知オフにするのもオススメ。

 

「万が一の時のために連絡が取れないと心配・・・」という方はスマホを機内モードにするかアプリの通知をOFFにすることもオススメです。

 

これを設定しておけば通知もこないですしスマホの消費電力も減ってバッテリーが長持ちします。

 

機内モードの設定方法

 

 

iPhoneの場合は下画面を引っ張ると飛行機のマークが出てくるので、そこをタップ。これでLINE・ツイッターの通知が一切来ません。

 

これを解除するときはもう一度同じところをタップ。

これで元どおり通知が来ます。

 

前日に行きたい場所の情報は調べない

 

 

自転車一人旅をするときは『目的地・行きたいところ』周辺の情報は調べないほうがいいです。

前日に「どんな店があるか?美味しい定食屋はあるか?」などの情報を調べてしまうと一人自転車旅は面白くないですよ。

 

訪れてみたいところについてから、美味しそうな食べ物が売っているお店を探すのも楽しい!

 

もしくは、無計画自転車一人旅も楽しいかもしれません^^

適当に道を選んで「ここはどこの道に繋がっているのだろう・・・?」と冒険感覚で自転車一人旅を楽しみましょう!

 

MEMO
前日に情報を調べちゃだめ!ワクワクが減少してしまう!

 

 

楽しい自転車1人旅をしよう!

 

以上。自転車一人旅の楽しみ方という話題でした。

 

一緒に旅行するような人がいないのならば一人で旅をしましょう。案外面白いですよ!

また毎回多くの友人と一緒に旅行するような人でも、一人旅をしてみるとまた変わった楽しさを感じるはず。

 

 

MEMO
時間を気にせずのんびり一人旅を楽しもう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

オススメ記事はこちら!

 

・【コスパ最高のデジカメ】ニコンb500が低価格で良いカメラだった。

【面白い!?】男子大学生が癒しを求めてメイド喫茶に行った結果w

・【ニートはサイコー!?】大学生がニートのような生活を過ごして感じたことを語るww

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です