『大学生ミニマリスト』ぼくがミニマリストになった理由。持ち物

こんにちは。大学生ミニマリストのシノダです。

 

今回は、ミニマリストデビューを果たした大学生のわたしが、なぜミニマリストになったのかを書いていきます

 

 

掃除が嫌いだった

 

 

 

ミニマリストになる前のわたしの部屋は大量の物で溢れかえっていました。

そこで毎回部屋を掃除するたびに、『ああ、めんどくせえなあ』と思いながら、いやいや掃除をしていました。

 

関連記事:掃除がいやならものを捨てればいいんじゃない?

 

この記事に書いた通り「あれ、ものが少なければ掃除をする手間がなくなるんじゃないのか?」と思いどんどんものを捨てるようになりました。

 

ものが減ったことで掃除をする時間がかなり減って、無駄な時間も捨てることに成功しました。

「掃除がきらい!」と言う方は本当に必要なもの以外捨てたり売ったりしましょう。

 

 

理由1
部屋の掃除が嫌いだった。

 

 

節約のきっかけに

 

 

 

大学受験を終え、バイトをするようになって多くのお金を自由に使えるようになり、バイト代が入ると服などにお金を浪費していました。

 

もともと服に興味がなかったのですが、大学の通学用に服をどんどん購入していくと少しづつ自分が変わっているようで『ファッションって楽しい!』と感じていました。

 

バイト代の多くを洋服や靴に使いつつも「着る服が全然ない!」「もっと他のものが欲しい!」とわけのわからないことばかりを言っているような日々・・・

 

 

関連記事:いらないモノをリサイクルショップで売ってみた

 

このように一度いらない服を売っても還元率が少なかったため、「これなら最初から服を買わない方がよくね?」と感じ、最低限の服しか持たないようになりました。

 

シンプルで、ダサくならないようなアイテムしか持っていません。以外となんとかなります笑

 

 

このように服をシンプル(制服化)すれば最低限のお金しか使わず、また、朝「何を着ようか・・・」と迷うことが少なくなります。

 

 

 

 

 

理由2
節約のきっかけに

 

様々なミニマリストの出会いから

 

 

ブログを始めてから

 

ブログを始めてから、様々な人の記事を見ていると以外にもブロガーさんはミニマリストの人が多いと感じました。

 

その方達の記事を見てみると、なんとなく自分と共通するところがあることを感じていました。

 

 

 

 

愛用のMacBookもミニマリストの必需品!これでどこでもブログが書けます!

 

本を読むようになってから

 

ブログを始めてから情報を集める為に色々な本を読むようになり、『ミニマリスト佐々木典士』さんの本『ぼくたちにもうモノは必要ない』と言う本を読みました。

 

そこから、「ものは少なくても幸せになれる」『モノを減らすものをうまく使え』といった、ミニマリストの魅力を改めて感じました。

 

ミニマリストになりたい方はもちろん、そうでない方も一度読んで見てくださいね

 

 

 

理由3
様々なミニマリストの出会い

 

 

 

 

ミニマリストになって変わったこと

 

 

 

関連記事:ミニマリストデビュー!変化したもの。捨てたもの

このことについてはこちらの記事で詳しく書かれています。

 

 

ここで、ミニマリストになって変わったことを短くまとめると   

 

 

・節約になった

 

 

・無駄な時間が減った

 

 

・自分の好きなことがわかってきた

 

 

 

といったことですね。ミニマリストになって起きたことは、良いことしかありませんでした。

 

逆に今残っているもの

 

 

 

最後に私が断捨離を繰り返した末に、現在残っているものを紹介します。

 

通帳・財布・カード

 

 

これは持たなきゃ。でも最近財布はいらないんじゃないか?と考えています。

 

 

洋服

 

関連記事:ミニマリスト男子が持つ服!4色で十分だよね

 

上の記事にまとめさせていただきました。洋服が好きなので他のミニマリストさんに比べれば多いと思います。

 

 

電子器具

 

Macbook

 

ミニマリストの必需品?MacBook Air。 10万貯めて買いました。

 

カバーに入れてどこにでも持ち運んでいます。

 

 

 

スピーカー

 

 

ほしい物リストからいただいたもの。細長く、またコードも必要なく、場所を取らないので便利!

音質も良く結構大きな音が出ます。

 

 

 

 

iPhone・イヤホン

 

iPhone5sです。大きすぎず、小さすぎないのでGOOD。

イヤホンは付属品を使っています。

 

 

 

任天堂switch

 

 

ゲームも大好きです。ニンテンドーswitchはテレビに繋がなくても遊べるので良いハードだと思っています。

こちらもキャリングケースに入れて持ち運んでいます。

 

 

勉強道具

 

クリアファイルその他もろもろ。

ルーズリーフファイルは薄いものをつかっています。

 

 

 

今思えば、置き勉(教科書やノートをロッカーに入れておく)ができた高校時代の環境は最高だったな〜

 


 

 

これだけです。

ベット・ソファは部屋にありません。畳んで隅に置くことができる布団で寝ています。その他の雑品はのぞいていますが、最悪リュックに詰めて逃げられますね!

 

ものを減らせば、きっと楽しくなる。

 

 

以上、大学生のぼくがミニマリストになったという話でした。

ミニマリストになってから、モノは減りましたが、気分がすっきりしたり節約になったりと良いことしか起こりませんでした。

 

「ものが少なくて大丈夫?」とよく言われますが、自分の本当に好きなモノは取っておいてあるので、不自由を感じたことは全くありません。

 

ミニマリストは、好きなものだけを取ってあるので個性は失われない!今後も最低限のものを持ちストレスフリーな生活を送っていきたいですね。

 

 

MEMO
ミニマリストになってモノは少なくなったけど、ストレスもないし生活が楽しい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です