【大学受験】指定校推薦とは? メリットとデメリット

こんにちは。受験シーズンですね・・・

 

f:id:wilknsangr:20170814115621j:plain

 

わたしは大学に指定校推薦で入学しました。

 

指定校推薦とはなんなのか?どのような、良いこと悪いことがあるのか・・・今回は書いていきます!!

 

指定校推薦とは?

 

指定校推薦とは

大学側が高校に対し推薦枠を与え、

その高校では進学を希望する生徒に対して選抜を行い、

大学等はその選抜された生徒に対して面接などの試験を行って

合否を判定する入学試験の制度の一つ。

 

いわゆる、大学の推薦入試の一つ!

次に指定校推薦を受けたぼくが感じた、指定校推薦を受けるメリット・デメリットを書きます

 

指定校推薦のメリット

 

受かりやすい

 

 

f:id:wilknsangr:20170814115738j:plain

 

まず第一はこちらです

大学側が高校に対して「ここに来てくれ!」と言って推薦枠を用意しているのですから必ずと言っていいほど受かる

 

逆にこれで落ちたら、大学にいくのを諦めたほうがいいレベル

 

スポンサーリンク

 

 

 

早く合格が決まる

 

続いてこちら

センター試験や一般入試は、1月以降に行われることが多いので、長い間勉強しなくてはならない

 

それに比べて指定校推薦は12月ごろに終わっているのがほとんど!ちなみにぼくも11月中には受験を終えていた。

 

 

 

受験を終えた君はこちらの記事を読んで卒業・入学に備えよう

 

 

比較的安価で入試ができる。

 

最後はこちら

 

金銭に余裕がない方にも指定校推薦はオススメできる

 

一般やセンター試験を行なった場合

 

センターで約15000円

一般だと約30000円

 

言い方が悪いが、いわゆる滑り止め受験をする方で一般入試を2・3校受けるとしたら最大で10万ほどかかってしまう

 

それに比べて指定校は三万ちょっとで受験できる

一校でほぼ100%受かるので余計なお金がかからない

 

あとは、大学入試のための塾代や参考書代。

これらのお金の負担も指定校推薦ならば大幅にカットできる。

 

 

指定校推薦のデメリット

 

 

勉強量がへる

 

 

f:id:wilknsangr:20170814120013j:plain

 

 

メリットで早く入試が終わると書いたがそのぶん、勉強する期間が少ないため

やはり一般入試組と比べるとバカになる。ぼくも英語の勉強をしなかったため、語学の勉強についていくのが難しいという現状がある。英語だけでもやっておけばよかったと少し後悔・・・

 

勉強を頑張っている一般受験組のみんなの邪魔にならないように、静かに本でも読んでいよう。

 

いける学校が絞られている

 

次はこれ

推薦枠がある大学は高校によってそれぞれ

 

そのため、「いきたい!」と思っている大学の推薦枠がないということも、少なくない。もし、いきたいところの推薦枠がなかったら一般入試を受ける必要がある。

 

しかし推薦枠は、どの高校でも結構な量がある

わたしの通っていたあまり頭の良くない高校でも誰もが知っているような大学も、もちろんあった

 

自分の通っている高校でどんな大学から推薦枠が来ているか進路関係の先生に聞いてみると良い。

 

指定校推薦の体験談

 

ここにわたしの入試の体験談を書いておく

 

体験談の他に入試を受ける際の対策も書いたので指定校推薦入試を考えている方は必ず目を通しておこう 

 

 

最後に

f:id:wilknsangr:20170814120131j:plain

 

今回は指定校推薦のメリット・デメリットをまとめた.

 

『指定校推薦はずるい』という風潮が受験生の中で度々出るが、いきたい大学があれば実は指定校の方がメリットが多い。受かれば勝ち!笑

 

 

指定校推薦は緊張せずに、自分の力を出せれば簡単に受かってしまうのだ

この記事を読んでくれている受験生いきたい大学があったら迷わず指定校推薦で受験しよう。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました