【保存版】スマホでできる!オススメの暇つぶしまとめ!!

お菓子を食べたいなら、無理に我慢しないで食べれば良いんじゃない!?

こんにちは。おかし大好き男子のあやふや君です。

 

『お菓子禁止』 お菓子を食べない生活を1ヶ月過ごした効果や感じたこと

この間このような記事を書きました。

お菓子禁止の効果はたしかに素晴らしいものです。

しかし、健康のために「砂糖禁止!お菓子禁止!」と何でもかんでもルールを作ってしまったらつまらないです。

 

そこで、ぼくは健康のためにお菓子を禁止せず適度に食べるべきだと考えました。

 

無理にお菓子を我慢するのはストレスの元

 

はい。

ダイエット、節約のためにお菓子を禁止することはとても良いことです。

 

しかし、それらの目標のために、大好きなお菓子を無理に我慢するって結構ストレスたまりませんか!?

• イライラしたり感情的になる、精神的に不安定になる
• 漠然とした不安感、気分が落ち込む、憂鬱になる
• 偏頭痛、腹痛、胃もたれ、便秘、下痢
• 肩こり、腰痛

あなたは大丈夫?ストレスがたまると現れる症状と予防・対策  より引用

 

このようにストレスは体に良くないです。

「お菓子を食べたい!」という欲求を無理に押さえつけると体にさまざまな異変が起きるかもしれません。

ぼくも、1ヶ月という短期間のお菓子禁止期間でしたが、大好きなお菓子を禁止するのは精神的にもかなりきつかったです。

今後は適度に食べるつもり。

 

食べたいものを食べないで幸せ!?

健康のためにはあれを食べてはダメ…砂糖は取りすぎないように…

このような健康オタクの方いらっしゃるかもしれませんが、正直言って楽しくないでしょ!

 

お菓子をずーっと食べない生活なんて自分だけでなく、周りの人もあんまり良い気持ちしませんよね。

実は甘い物を食べると、体の中で「ドーパミン」と「セロトニン」というホルモンが分泌されます。
ドーパミンはやる気や快楽を、セロトニンは精神の安定や安らぎをもたらしてくれるので、
この2つのホルモンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

甘い物を食べるとどうして幸せな気持ちになるの?? より 引用

 

そう。甘いお菓子を食べることは安らぎを感じること。

無理に我慢せず、たまには自分の好きなお菓子を食べても良いんじゃない?

 

お菓子禁止の反動が怖い

 

  • STEP.1
    お菓子禁止開始。1
    節約・ダイエットなどのため、お菓子禁止を試みます。
  • STEP.2
    目標達成

    お菓子禁止1ヶ月頑張った。痩せた!無駄遣い減って節約できた!

    お菓子禁止生活を成功に終わったようです

  •  

  • STEP.3
    反動

    自分にご褒美あげるか!お菓子食べっちゃおっ!食べっちゃおっ!

     

    ん!?様子がおかしくなってきましたね…

  •  

  • STEP.4
    繰り返す。

    やばい…お菓子食べすぎて体型元に戻っちゃた。お金も使いすぎちゃった…

     

    (1に戻る)

 

これね。結局悪循環なんです。

 

上の説明はちょっと極端かもしれませんが、長時間のお菓子禁止解禁後は程々に食べている時より多く食べてしまうと思います。(もちろんぼくもその1人だった笑)

 

せっかく減った体重が元に戻ったり、節約したお金をお菓子に使って無駄遣いをしてしまう…

うーん、やっぱり大好きなお菓子を禁止するのは難しいなあ

 

MEMO

お菓子禁止後の反動を抑えるために少しずつ食べたほうがいいんじゃないかな。

 

お菓子を食べた分運動すれば良い。

 

え…でも…お菓子食べたら太るじゃん!

たしかにお菓子を食べれば食べた分だけ太る。

お菓子を食べて太りたくなければ動けば良い!

 

中学・高校の時、運動部に入っていた方はよくわかると思いますが、当時はたくさん食べてもあんまり太りませんでしたよね!?

「お菓子を食べたら太る…というか太った…」という人はおそらく運動していない人。

 

大好きなお菓子を食べた日にはしっかりと運動をしましょう。

例えば一枚の板チョコ(明治ミルクチョコ)は364カロリーをとった場合は…

8kmジョギングすれば、食べた分のカロリーを消費することができます。

 

ジョギングをして得られる消費カロリーを求める計算式は次のとおりです。

体重(kg)× 距離(km)

つまり、体重50kgの人が5kmのジョギングを行えば、約250kcalを消費することになります。

ジョギングの消費カロリーは?魅力的な運動効果と方法を紹介 より引用

計算方法はこちら。体重によって変わってきます。

 

そんなに走れるか!!」という方はお菓子を食べる量を減らすか、カロリーの低いお菓子を選んで食べましょう。

 

 

こちらに簡単にできる運動を書きました。運動嫌いな人もたまには体を動かしてみましょ!

 

MEMO
大好きなお菓子を食べた後は運動しよう!運動しないと…?

 

 

お菓子を食べる回数を減らして、体にいお菓子を食べよう。

 

最後に体に良いお菓子を紹介。

 

 

お菓子食べたいけど…体に優しいものがいいなあ

という方はチェックしてみてくださいね。

 

 

注意
紹介したお菓子は、あくまで健康お菓子です!たくさん食べても太らない・健康状況が良くなるというわけではありません!

 

 

まとめ。お菓子を食べたいなら食べるべきだ。

 

お菓子を食べるのを我慢するストレスは結局体に悪い。

 

甘いお菓子は幸せを感じる!

 

食べた後は運動してスッキリ!

 

お菓子選びは慎重に!

 

お菓子を食べたければ食べればいいのです!

なんでも禁止していたらつまらない!上手にお菓子と向き合いましょう!

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

▼合わせて読みたい▼

【太ってきた方必見!】安い筋トレグッズで楽しく体を鍛えよう!

・【ダイエット中に最適!】低カロリーな健康お菓子紹介!

 

 

オススメ記事はこちら〜!

 

【知らなきゃ損!】破格で買い物できる『サンプル百貨店』でお得に買い物しちゃおう!

・【オススメ時計紹介!】大学生なら腕時計を持っておくべき理由

・【ちゃんと寝れてる?】快眠マクラ「YOKONE2」を紹介するよ!

・【君の価値はいくら?】無料で自分の予想年収をチェックしてみたら、まさかの結果に!?