【保存版】スマホでできる!オススメの暇つぶしまとめ!!

【悩む必要はない。】友達が少ない事のメリットまとめ。

 

こんにちは。あやふや君です。

みなさん、友達はたくさんいますか?

友達がたくさんいて休日はいつも夜まで遊んでいるリア充の方。

逆に友達がほとんどいなくて、休日のほとんどを家でゲームやネットをして過ごすような方もいるのではないでしょうか。

 

ちなみにあやふや君は後者の友達が少ないタイプの人間です。

友達が多い人への妬みではありませんが、ぼくは友達が多いよりも少ない方がメリットが多いと思います。

 

・友達が少ないことに悩んでいる。

 

・友達が少ないことの利点を知りたい。

 

今回はこんな悩みを解決。

友達が少ないことに少しでも悩みを感じている方は最後まで読んでみてくださいね。

 

個人考察となっております。

 

自由に使える時間が増える

まずは何と言ってもこれ。

友達が少ないことのメリットは、友達が大勢いる人に比べて使える時間が多いという点。

 

仕事や学校終わりに毎日のように遊んでいたり、休日は外出ばかりしてほとんど家にいない人に比べると、友人が少ない方が自分に使える時間が多くなります。

 

友達は(増やそうとすれば)ある程度増やすことはできますが、時間は増やしたり、お金のように貯めておくことはできませんよね

 

そうそう
一緒に過ごしてなにか不快を感じるのであれば切ってしまっても良いと思います。

 

 

 

友人の定義は人それですが、一緒にいて楽しくないと感じているなら無理にその人と長時間関わる必要はないです。時間も労力も無駄ですし、合わない人と一緒にいるのも苦痛でストレスが溜まるので…

 

もちろん、学校のクラスや仕事場で会話が必要な場面では不快を感じてもしっかり会話をしないとダメですよ笑

 

自分に使える時間が増える

 

自由に使えるお金が増える。

友人が少ないことで、自由な時間だけでなく、自分が使えるお金も増えます。

 

お金が増えるといったらちょっとオーバーかもしれませんが、友達がたくさんいて、毎日のように飲み会をしている人に比べると出費が少なくなるのであながち間違いではないでしょう。

 

学校や会社の飲み会って、なにも生まないことがほとんどですし、居酒屋代って結構バカにならないじゃないですか。

 

ちなみに、ぼくは、少しでも行きたくない飲み会であれば無理に行かなくても良いと思います。

 

 

 

 

お酒が飲めない人が飲み会で、嫌々参加したのにもかかわらず、酒が飲めなくて会場の端っこにいても苦痛なだけですよね。周りの参加者もつまらないですし、長時間居座っても苦痛なだけ。どんどん無駄な時間が過ぎていきます。

 

少しでも「あの人とは、飲み会に行きたくない」「酒が飲めない」という気持ちがあれば無理し参加する必要はないでしょう。
仲のいい友人との飲み会や何か得るものがある飲み会なら自分から「参加したい!」となるわけですから…!

 

行きたくない飲み会を上手に断って、興味のある本を買って勉強したり、貯金した方がお金を有意義使えちゃうかもしれませんね!!

 

飲み会を例に出しましたが、友人が少ないことで、自分に使えるお金や少数の仲がいい人に使えるお金が増えます。

 

これは個人の意見ですが、何十人にプレゼントをあげるよりかは、数少ない友人にとびっきりのプレゼントをあげる方が気分がいいと思います。

友人が少なければ少ないほど、1人にかけられるお金が増えて、より良いものをプレゼントできるので。

 

プレゼントは気持ちが大事…ともいいますが、やっぱり良いものをもらったら嬉しくなりますよね笑

質のいいお金の使い方ができるので友人が少なくても悩む必要は全くありませんよ〜。

 

友人が少なければ、お金を有意義に使うことができる

 

人間関係の悩みが少ない。

友人関係が狭ければ狭いほど、人間関係の悩みが少ないです。

人間の悩みは全て対人関係から…アドラー心理学でこのようなフレーズがありましたが、本当にこの通りだと思います。1人で不自由なく生活できているのであれば、悩みなんてほとんど生じませんからね笑

 

そうそう
ストレスが溜まりやすい人は、TwitterなどのSNSも使わない方がいいです。

外出先で、そこまで仲が良くない人と絡んでいるのにも関わらず、家に帰った後Twitterを眺め、周りのリア充アピールを見せつけられたら心も休まらないですよね笑

 

 

リアルの人間関係とネットの世界の友人は分けたほうが良いです。この方がストレスが溜まりにくいので。

人間関係で悩んでいる人は「嫌われる勇気」を読んでみましょう。

 

 

人間関係の悩みが減って心がスッと軽くなりますよ!

 

友人が少ない分、人間関係の悩みが少ない。

 

もちろん友達0人は辛いぞ。

友人が少ないメリットを上げてきましたが、友達がおらず、ずーっと1人でいるのはやっぱり辛いです。

 

会話がなく刺激のない生活を続けていると、心の弾力がなくなります。人と会話をし、その中で嬉しい気持ち、楽しい気持ち、怒りの気持ち、悲しい気持ちなどを感じることが、心の健康を保つために大切なことです。

人と会話しないと、そうした感情を持ちにくくなり、最悪の場合「鬱」になってしまうことも。
大声で会話をしたり、笑い合ったすることが健康に好影響をもたらすことは検証されています。

会話しないことによる悪影響 より引用

 

このように、人と会話しないと脳に悪影響があるので、ずっと1人でいるのであれば、友人や恋人を作る必要があるでしょう。

 

オススメ
  1. SNS
  2. サークル、部活
  3. スポーツクラブ
  4. ボランティア
  5. 料理教室
  6. 楽器教室

 

「周りに友人がいない…」と悩んでいるのであれば、このような方法で友人を作ってみましょう。
高校生、大学生であれば部活やサークルに入ってみるのもいいし、社会人であれば興味のある社会人サークルやスポーツクラブに入ってみてはいかがでしょうか。

 

勇気を出して色々な環境に飛び込めば、新しい趣味はもちろん、様々な出会いがありますよ!

社会人や大学生の方の新しい趣味としては、楽器演奏がオススメ。

もちろん1人でもできますが、バンドを組むことで音楽を楽しむ仲間を作ることができます。

「楽器は難しそう」「いまさら楽器なんて…」と悩む必要はありません。

 

昔読んだ記事で90歳くらいのお婆さんが、人生で後悔していることを聞かれて「バイオリンを60歳の時にやりたいと思ったけど、もう遅いと思ってやらなかった。あれから始めてれば30年も演奏できてたのに」てのがあった。

twitter より

 

何かを始めたいと思った時に今すぐ始めるべきです。やらなかった後悔は、したくないですよね

 

無料体験を行なっている音楽教室もあるみたいなので興味のある楽器があるならとりあえず手を出してみましょう!

【シアーミュージック】無料体験レッスンの詳細はこちら

 

『シアーミュージック』は日本全国に展開しているミュージックスクール。

ボイストレーニング・ピアノ・ギター他、多くの楽器のコースがあるので、楽器を始めてみたい方は近所で開かれている無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

 

無料で楽器を体験できるスクールもあるので、新しい趣味や友人を見つけたい方たちはぜひ使ってみてくださいね!

 

【シアーミュージック】無料体験レッスンの詳細はこちら

 


 

もちろん上で挙げた友人の作り方はほんの一部です。

 

人間の悩みは全て対人関係から…とありましたが、その悩みを解消するのは会話して自分の考えを口から出すことかもしれません。

 

ストレスは体に悪いので、ずっとひとりでいるのであれば、悩みを打ち明けられる恋人や友人を作って、できるだけはやく悩みを解消してくださいね!

 

ひとりぼっちは辛いよね

 

まとめ。友達が少なくても悩む必要はない。

 

まとめ
  1. 自由に使えるお金が増える
  2. 時間を有意義に使える。
  3. 人間関係の悩みが少ない。
  4. でも、ぼっちはつらい。

 

いかがでしたか。

今回は友達が少ないことのメリットを紹介しました。

 

こうあげてみると、友人が少ないことは案外いい事ばかりなんですよね。お金と時間を有意義に使えるし、人間関係で悩むことも少ないので。

 

「友達が少ない…」と悩む必要は全くありません。今いる友人を大切にしてくださいね!

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

▼合わせて読みたい

 

【電車で暇つぶし!】スマホを使ったオススメの暇つぶしまとめ!

・【早起きのコツ】毎日朝6時におきている大学生が早起きのコツを教えるぞ!

 

 

 

オススメ記事!

 

・【就活が不安な君へ。】今すぐ登録しておくべき就活サイトはこれだ!

・【ちゃんと寝れてる?】快眠マクラ「YOKONE2」を紹介するよ!

・【君の価値はいくら?】無料で自分の予想年収をチェックしてみたら、まさかの結果に!?

・【大学生はクレカ作るべき!】買い物が超お得になるクレカはこれだ!!