【保存版】スマホでできる!オススメの暇つぶしまとめ!!

【大学がつらいと感じる学生へ。】つらい気持ちを少しでも解消する方法!

 

こんにちは。あやふや君です。

『大学が辛くていきたくない…』そんな大学生いませんか?

 

大学生活で友人関係や就活のことで悩んだり、自分の欲求が満たされないため、辛く感じてしまう学生がいるのではないでしょか。

ストレスを抱え込んでいると、心と身体に悪影響を生じます。

 

そこで今回は、大学が辛いと感じている大学生のために、今からやるべきことを紹介。

 

・大学が辛い、いきたくない

 

・悩み、不安を解消したい

 

そんな大学生の皆さんは最後まで読んでみてくださいね。

 

 

この記事をまとめると...

 

・まずは、辛い気持ちを吐き出す。

 

・辛いことから逃げてみる。

 

・熱中できることを見つける。

 

 

 

まずは学校の学生相談室で相談してみる。

 

辛い気持ちを抱えている学生は、まず自分の通っている大学にある「学生相談室」を活用しましょう。

学生相談室の担当者はカウンセリングのプロ。多くの学生の悩みを聞いているので学生相談室に行けば辛い気持ちはきっと改善されるでしょう。

 

相談室はもちろん無料で使えて担当の人が親身に対応してくれます。辛い気持ちを抱えた学生が使わない理由はありません。恥ずかしがらずに1度勇気を出して辛い気持ちを打ち明けてみましょう。

 

まずは学生相談室にいってみる!

 

 

大学が辛いなら思い切り泣いてOK。

 

辛いなら我慢せず思いっきりないてOKです。

 

涙を流した際にセロトニンと呼ばれる物質が分泌されます。これは幸福物質と呼ばれるものでうつ病の改善にも使用される薬の成分でもあります。

最近泣いてますか? 泣くことのメリット3選 より引用

涙には「マンガン」という物質も含まれています。マンガンは体内で酵素を活性化させるための大事な栄養素。けれど、これが一定量を越えて溜まってしまうとうつ病になる危険も増える物質です。涙は余分なマンガンを体外へ出す役割を果たしてくれます。

泣きたいときは泣けばいい! むしろ泣け! 「泣く」ことで得られるメリットがいっぱいあった! より引用

子供の時、泣いた後「心がスッキリした!」という経験ありませんか? 泣いて涙を流すことで身体的にも精神的にも良い効果があるとの情報があります。

 

大学生だって泣いて良いんです。プライドや恥ずかしいという気持ちは捨てて、思いっきり泣いて心を落ち着かせましょう。

 

 

辛い気持ちを紙に書き出してみる。

 

「人に相談するのは恥ずかしい。」「相談しても解決しないと思う…」

そんな大学生は、まず、自分が辛いと思っていること、嫌なことを紙に書き出してみましょう。

 

この考えていることを紙に書き出す行為をジャーナリングといいますが、心理を中心とした研究機関からもストレス解消に効果があると発表されています。

具体的な方法ですがとにかく心の中に蓄積されている悩み、愚痴、不安を全て吐き出すように書くことです。この吐き出すという行動が大切であり、これにより徐々に気持ちが落ち着くという人は多いです。

また書くという作業に集中するため、その瞬間だけ嫌なことを忘れることもできます。そして実際に紙に書いていくことで、その時の気持ちや感情を客観的に見ることができるようになります。

 

効果的なストレス解消法!悩みやイライラを発散して楽しく生きよう  より引用

嫌なことを紙に書くだけで心理的にも良いとのこと。辛いことがあったら、まずは泣きながらでも嫌なことを紙に書いて書いた後はビリビリに破いてしまいましょう!

 

もちろん一人で抱え込むことは体にもよくないので紙に書いて気持ちがスッキリした後に誰かに相談してくださいね。

 

 

嫌なこと、辛いことから1度逃げてみる。

大学生活の中で嫌なことや辛いことがわかったら、その悩みの原因となっているものから1度逃げてしまいましょう。

「甘えず耐えろ。」という『我慢は素晴らしいこと』という考えは捨てましょう。嫌なことを続けてストレスがたまってしまい体を壊してしまっては元も子もありませんよ。

 

大学が辛いなら…?

 

学校をいきなりやめるのはもったいないので、学校で嫌なことがあったら1週間くらい学校を休んでみたり、休学をしてみるのも1つの手です。

 

学校が辛いと思うのは、きっと心と体が疲れているから。1週間ぐらい休んだって1年休学したって巻き返しは十分効きます。

①1年間ないし半年間、完璧に自由に使える時間ができる。
②大学生という身分で、利害関係なくたくさんの人と繋がることができる。
③自分自身をとことん見つめ直す時間を取ることができる。

 

休学という選択をとれば、「大学生」という肩書きを捨てることなく、自分自身を見つめ直す時間を増やすことができます。

辛いからと大学をやめる前に一度「休学」をしましょう。

 

バイトが辛いなら…?

 

「バイト先がつまらない…」「バイトが辛い…やめたい…」という人は思いきってバイトをやめてみるのも1つの手です。

大学生のうちは「今日働かないと、来月の食費がたりない!」なんて方はいないでしょう。

 

大学生の本業は勉強なので、本来やらなくて良いアルバイトで心や体にストレスを貯めていたら楽しい学生活なんて送れません。

今いるバイトをやめて新しいバイトを探してみたり、1ヶ月ぐらいバイトをしないで心と体をゆっくり休ませてリラックスするのも良いですね!

 

「でもバイトしないとお金が!!」「遊ぶためのお金ぐらいは欲しい…」という大学生はバイト以外で稼ぐ力をつけてみましょう。

 

 

 

ぼくも大学になってから、バイトをしないでも大学生のお小遣い程度なら稼げるようになりました。バイトが嫌ならバイト以外で稼ぐ勉強をしてみるのも良い経験になりますよ!

 

 

嫌なことから1度逃げろ!!ストレスを溜め過ぎるのは良くない!

 

 

サークルや部活が辛いなら…?

 

サークルや部活が辛い場合も今すぐやめてしまって構わないです。

 

 

 

大学を辞めなければ同じ学部の人たちと関わることで学内で孤独感を味わうこともないですし、サークルを辞めた後もそんなに困ることはありません。

 

サークルを辞めた後は自分の好きなことを思いっきりやってみても良いし興味のある団体に足を踏み込んでみるのもきっと面白いですよ。

自分が辛いと感じている環境で活動していても時間の無駄です。やめる勇気を持って心が傷つく前にストレスの感じる環境から逃げましょう!

 

 

つまらないサークルにいるのは時間の無駄!一度その環境から身を置いて居心地の良い場所を見つけてみて。

 

 

辛いなら、友人や恋人に相談する。

 

今自分がいる環境に辛さを感じているなら一度誰かに相談してみましょう。相談する相手は周りの人に公言されないように、口の硬い先輩や中の良い友人が良いです。

 

特に問題が解決しなくても、自分の辛い気持ちを吐き出すことでスッキリして心が軽くなりストレス解消につながりますよ!

 

「そもそも頼れる友人や恋人がいないから悩んでいる…」という学生は新しく友人や恋人を作ってみるのも良いですね。

 

「大学デビューに出遅れたから新しい人間関係を築くのは難しいよ!」そんな友達や恋人は大学内でのコミュニティでしか作れないというちっぽけな考えは捨てましょう。

 

 

 

大学生が大学外で友人や恋人を作る方法をサッと紹介してみました。同じ年代の人々が出会う場所なんて腐るほどあります。

「おれ/私にはできない…」と悩んで何もしないと成功する確率は残念ながら0。「頑張れば、自分にもできちゃうかも…!」と勇気を出して行動する方が成功の確率はグッと上がります。

 

辛い気持ちや悩みを打ち明け開けられる友人や恋人がいれば、辛い気持ちを打ち明け心がスッと軽くなって気持ちが楽になります。

 

 

タップル誕生-tapple-

タップル誕生-tapple-

MatchingAgent, Inc.posted withアプリーチ

 

辛い気持ちを忘れるため、趣味を作る

 

大学生活がつまらないと感じるなら趣味を作ってみるのもオススメ。自分の好きなことをやっていれば嫌なことなんて忘れてしまいます。

 

 

▼お金をかけずに始められる趣味

・筋トレ、ジョギング

 

・勉強

 

・映画鑑賞

 

・ユーチューブ鑑賞

 

・スマホゲーム

 

・スマホで写真撮影

 

・お絵かき

お金がかからない趣味だけでもこんなにも種類があります。1つのことに時間をかけるのも良いですが、興味があるものを手当たり次第やってみるのもきっと楽しい。

 

そうそう

映画をお得に楽しみたい」という学生は『U-NEXT』がオススメです。



今なら31日間映画やアニメを無料で楽しむことができます。

 

無料期間中に素敵な物語にたくさん触れていれば、心がスッキリして辛い気持ちが改善されていくでしょう。

 

U-NEXT 無料キャンペーンの詳細はこちらから!

 

 

楽しいことをしてストレスを解消してみる。興味あるものを手当たり次第やってみよう。

 

 

 

 

体を動かしてみる。

心が辛いと感じている大学生は身体を動かしてみましょう。

 

思いっきり走った後に、爽快感や達成感などとても良い気分になった経験がある方も多いのではないでしょうか。このように運動をすると精神面にも様々な良い影響を及ぼします。

・認知症の低減

・不定愁訴の低減

・気分転換やストレス解消

TANITA運動の重要性とその効果 より引用

 

このように運動は身体面だけでなく、精神面にも良い効果を得ることができます….!

 

しかし、大学生は運動サークルや部活に入っておらず身体を動かす習慣がないとなかなか運動する機会が少ないですよね。そこで誰でも簡単にできる運動をちょこっと紹介!

 

▼誰にでもできる簡単な運動!

・エレベーターを使わず階段を使う

 

・最寄り駅から家まで走る

 

・ジョギング

 

・縄跳び

 

・サイクリング

 

・筋トレ

 

・ストレッチ

こんな運動でOKです。

運動は継続することが何よりも重要なので、辛いものをイヤイヤ取り組むよりも、短時間で簡単にできる運動の方が継続しやすいです。

 

 

もちろんお金をかけてジムに通ったり習い事を始める必要はありません。簡単にできるものから始めてみて心と体をリフレッシュさせてあげましょう!

 

 

 

辛い気持ちを発信してみる。

 

「いろんな人に相談してみてもやっぱり大学が辛い…」という学生はブログなどのネットサービスを使って辛い気持ちを発信するのもオススメ。

 

・ジャーナリング効果によるストレス解消。

 

・動画と違ってやり直し、手直しがきく。

 

・無料で始められる。

 

他にもブログにはたくさんのメリットがあります。

「大学がつまらない….」「パッとしない生活を送っている」そんな学生は無料ブログから始めてみてくださいね。

 

 

 

 

まとめ。大学が辛いなら嫌なことから離れてみて。

 

・まずは学生相談室へ!

 

・辛い環境から逃げる。

 

・相談したり、辛い気持ちを紙に書き起こす。

 

・時間を気にせず好きなことをする。

 

今回は辛いと感じる大学生に少しでも心がラクにする方法を紹介しました。

ストレスや辛い気持ちをず〜っと溜め込んでいると心身ともに悪い影響があるので、できるだけ早く解消してあげてくださいね!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

▼合わせて読みたい▼

【電車で暇つぶし!】スマホを使ったオススメの暇つぶしまとめ!

・【早起きのコツ】毎日朝6時におきている大学生が早起きのコツを教えるぞ!

・【大学生だってゲームする!】大学生にオススメのゲームまとめ!

 

 

オススメ記事!

 

・【オススメ時計紹介!】大学生なら腕時計を持っておくべき理由

・【ちゃんと寝れてる?】快眠マクラ「YOKONE2」を紹介するよ!

・【君の価値はいくら?】無料で自分の予想年収をチェックしてみたら、まさかの結果に!?

・【大学生はクレカ作るべき!】買い物が超お得になるクレカはこれだ!!