【保存版】スマホでできる!オススメの暇つぶしまとめ!!

【本棚いらない!】今すぐ本棚は捨てよ!!本と本棚がいらない理由

こんにちは。ワイさんです。

本棚って邪魔ですよね

 

本が好きで、部屋に本棚があり多くの場所を取られているような方はもちろん、「中には本棚なんて必要ない!」と部屋に本棚を置いていない方もいるのではないでしょうか。

 

ちなみにワイさんの部屋には本棚がありません。場所をとるし、整理整頓もめんどくさいですからね….

 

そこで、今回は本棚の必要性を個人的に考察して行きます。

 

・本棚の必要性を知りたい。

 

・本棚なんて必要ない。断捨離したい。

 

今回はこんな悩みや疑問を解決。

本棚の必要性を感じない方はもちろん、部屋の面積のほとんどを本棚に使ってしまう方は最後まで読んでみてくださいね。

 

個人考察となっております。

 

 

本棚は場所をとるから必要ない。

 

 

最初は何と言ってもコレです。

何冊も購入したお気に入りの本を整頓しておくため、ある程度大きな本棚が必要ですよね。

本好きな人だったら「部屋のほとんどの範囲を本棚に取られてしまう・・・」なんてことも少なくないのではないでしょうか!?

 

自分の生活スペースを本棚に取られていると気づいたら、まずは本を減らす努力をしましょう!

 

 

本・本棚はインテリアでは無いから飾る必要性はない。

 

次はこちら。

自分の本棚に『読みもしない』難しそうな本を収納して「ウヘヘ。こんな本を読んでいるんだぜ・・・」というようにアピールしている人は少なからずいます。

 

ですが本は周りの人に見せびらかすためのインテリアでは無いことに早く気付きましょう。

 

インテリア(英: interior)とは、英語で内面を意味する単語であり、転じて、日本語で室内装飾品という意味であり、室内の装飾やそれに付随する照明、装飾家具(“Decorative arts”)を表す

wikiより

 

インテリアはこのように定義されています。まあ家具や装飾品のことをとる言葉です。残念ながらコレには本は当てはまりませんよね

見せびらかすための本ではなく綺麗なインテリアを購入した方が何倍も良いことです。

 

本棚に本が何冊もあったらゴチャゴチャしてしまい見栄えも悪くなってしまいます!

 

見せびらかすための本は今すぐ捨てよう!

 

 

図書館が近所にあれば本棚はいらない

 

最後にこちら。

図書館に行けばとても大きな本棚の中にたくさんの本がありますよ。本が読みたくなったら近所の図書館にいきましょう。

 

本のジャンルごとに整理されているのですぐに読みたい本を読むことができ、無料で何冊でも読むことが可能!図書館が近所にあるなら使わない理由はありません!

 

自分の部屋には最低限の本を置いておいて、収納は図書館に任せましょう!

 

本を読み返すことって意外と少ない。

 

本を読み返すことってあんまりないんですよね。

自分の経験上ですが、小説や漫画は一度読み終わったら「もう読み終わった!満足!」と、あまり読み返しません。

 

どんなにいい本であっても、何度読み返してたところで、書いてある内容は一緒。

気になったことやもっと深掘りしたいことがあれば、メモに残しておいたり、ネットで検索すれば、本の内容ないくらでも出てきます。

 

皆さんの中にも、「一度読んだけど、もう読み返さない…」という本がたくさんあると思います。

読み返さない本なんて部屋に置いてあるだけ無駄。必要がないと感じているならどんどん本を減らしていきましょう。

 

本の研究をしていたり、漫画や小説の考察をしている人は例外ですが…

 

 

【本棚を捨てよう】本を減らしていく方法を紹介するぞ

さて、ここからは本を減らし最終的に本棚を部屋から追い出してしまう方法を書いていきます。

今から実践できることがほとんどなので、ぜひお試しあれ

 

本を読まずに、知識はネットで得る

 

最初はこちら。本を買って得る情報はネットで検索すればわかるようなことも多いです。

少し気になったことは本を買わずにスマホやパソコンで調べましょう。こちらは場所もお金もかかりませんのでオススメです。時間もあんまりかかりませんしね^

 

インターネットで調べても、どうしてもわからないような時は本を買いましょう!

 

 

本を買って、読んだらすぐ売る

 

 

本を買ったらすぐ売ることもオススメです。

 

『1000円で買った本』だとしても300円で売れれば本で得た知識を得ると同時に、ちょっとしたお金も帰ってきます。

節約にもなるし、本棚を買う必要がなくなるのでまさに一石二鳥。

 

読み終わった本、買ったけど全く手をつけていない本があれば近所の古本屋に行って売却してしまいましょう。

 

ちなみに

近所に古本屋がなかったり、家にいながら簡単に買取を済ませたい方には、「もったいない店舗」がオススメ。



オススメ!
  • 無料買取キットが使える
  • 自宅まで出張して買い取ってもらえる。
  • 送料無料

 

古本買取サービス「もったいない店舗」を使うことで、自宅から売りたい本を無料で配送することが可能です。 もちろんダンボールなどの配送キットもサイトより無料。配送キットを自分で準備する必要はありません!

 

売りたい本が数十冊になると結構な重さになりますよね…。

大量の本を売る際は、近所の古本屋に行くより配送サービスを使ったほうがいいです。 重たい本を持っていくだけでも一苦労なので…

 

 

 

もったいない本舗では、コンビニの漫画、アダルト雑誌 新聞、その他雑誌は買取できないので注意!

 

 

紙の本よりも、Kindleなどの電子書籍がおすすめです。

 

 

最後はこちら。最近では電子書籍という便利なものが存在します。

 

 

 

本当に紙の本を読んでいるかのような画面・書き込みができるような機能も付いています。

また、小説だけでなく、漫画や新聞もコレ一つで読めちゃうスグレモノ!

そして、一度買ってしまえばコレ一つに何冊、何千冊もの本のデータを入れることができます。

 

メリット
  • カバンが重くならない。
  • どこでも本を楽しめる。

電子書籍は、KindleタブレットやiPad1つあればいつでもどこでも大画面で読書を楽しむことができるので、外で本を読みたい人にもぴったり。

 

 

こ電子書籍を使うことで重たい本を何冊も持ち運ぶよりもスマートでカッコいいので、読書がより楽しめるようになります。

 

 

ちなみに、amazonの『kindle unlimited』では1ヶ月980円で好きなだけ本を読むことができます。

何冊読んでも追加料金が一切かからないので「つまらない!」「自分に合っていない」と思ったらすぐ次の本を読み始めることができるので無駄な時間をかけることがないです。

 

もちろん、KindleタブレットやiPadを使わなくても、今使っているスマホにKindleアプリをダウンロードすれば問題なく使うことができるので、余計なお金を使うことはありません。

 

無料期間があるので、隙間時間を使って読書を楽しみたい人はぜひ使ってみてください。

 

 

 

 

【まとめ】本棚は必要ないから捨てましょう!

まとめ!
  1. 本棚は、場所を取る
  2. 本はインテリアではない。
  3. 図書館で読めば無料で何冊も本が読める。
  4. 読み返さない本は捨てるか売ろう。
  5. Kindleなどの便利な電子書籍リーダーを使おう。

 

今回は、本棚が必要ない理由を紹介しました。

本が読みたくなったら図書館に行って本を読めばいいし、どうしても欲しい本があれば読み終わった後にすぐ売却することをおすすめします。

すぐ売れば、大量の本で部屋のスペースを取られることもなくなるし、お金も帰ってくるので一石二鳥。

 

「どうしても大量の本を保管したい!」「でも部屋を広々使いたい」という方は、電子書籍一択。

 

amazonの『kindle unlimited』では1ヶ月980円で好きなだけ本を読むことができます。

 

KindleタブレットやiPadを使わなくても、今使っているスマホにKindleアプリをダウンロードすれば問題なく使うことができるので、余計なお金も使うことはありません。

外出先でも手軽に読書ができるようになるので、まさにいいことづくめ。

 

無料期間があるので、快適に読書を楽しみたい人はぜひ使ってみてください。

 

 

 

 

▼合わせて読みたい

・【コスパ最強?】ほとんどお金がかからない最高の趣味は〇〇です!!

・【最高の遊び道具】スマホを断捨離しようと思ったが、無理だった話。

 

 

オススメ記事!

 

・【やめたい??】ジャンクフードをやめたい人へ。簡単なやめ方を紹介

【電車で暇つぶし!】スマホを使ったオススメの暇つぶしまとめ!

・【暇すぎ】ゲームに飽きた人にオススメの趣味まとめ

・【断捨離】LINEの断捨離をしてみた結果、幸せになった。